上手に炊飯

◀ お米辞典トップ

一般精米の炊き方

1.お米はきちんと計量しましょう。

計量カップ(180ml)にお米を山盛り入れ、カップのふちにそって平らなものですり切り、カップの表面を平らにします。

2.ザッと水入れ、ここは手早く!

ボールにお米を入れ8分目まで水を注ぎ、ザッと手早くかきまぜてすぐに水を捨てます。

3.基本は素早く、リズミカルに

水を切った状態ですばやく20〜30回、指を立てた状態でかき混ぜお米を研ぎ、水を入れてすぐに捨てます。
これを2、3回行います。後は1、2回水ですすぎます。
※炊飯器の内釜でお米を研ぐと、お釜が早く傷みます。
※洗いすぎるとお米の味を逃がしてしまいますので、注意しましょう。

4.しっかり吸水

洗いあがったお米は炊飯器に入れ、分量にあわせて水加減し、夏でも30分以上、冬はたっぷり1時間ぐらいは吸水させてください。充分お水を吸収させてから炊くことが、おいしいごはんになる大切なポイントです。

新米の水加減は?

ヤマトライスセンターでは、年間を通して米粒の水分値を13.0%〜15.0%の間で調整し精米しています。年間を通して同じ水分値で調整していますから、新米ということで炊飯時に、とくに水の分量を減量する必要はありません。お米の水加減は産地のちがいや新米時期で多少差があります。一度炊いて見てお好みの水加減に調整しましょう。

5.蒸らしてほぐして出来上がり!

炊きあがったら10〜15分蒸らします。出来あがったら上下サックリとほぐしてからいただきます。

◀ お米辞典トップ